2008年08月04日

(雑記)佳奈多を書くのは難しい

 一本だけ非常に短いのを書いてすぐにぶーぶー言うのもどうかとは思いますが、考えて思うのが「佳奈多関係は短編が難しい」ということ。



・話ではないですが都合上ネタばれあり

 長いのは割と書く部分が見つかるんで書きやすいんですが、短いのとなると時間軸の都合上難しい。そもそも、理樹と佳奈多のみがセットで行動できる部分となると、If除けば

・虚構世界 保健室前(保健室からは周回終了まで一直線で余裕がない)
・現実世界 事故後から逃走前まで

 くらいしかない(ゲームの時間軸に合わせようとすると)
 おまけに現実側は葉留佳との関係とかどうやって仲良くなるのさとかの問題があるから、余計にバックボーンしっかりしないと難しい。
 まあ、これは他のキャラにも言えるっちゃ言えることなんですけども、現実世界の縛りが少ない分他キャラ(特に虚構世界終了からすぐ動ける鈴)のほうが時間軸合わせは楽だと思うのです。
 If世界なら、たとえば虚構世界が佳奈多奪還後も続けられる場合(きっとあれだ、二木家とのバトルがあるに違いない。そしてそれはそれで恭介のミッション上と考えればいけなくもないし、書いてて楽しそう)はいくらでも二人っきりが使えるんですけどね。難しい難しい。

 よくよく考えれば、スクレボED後くらいしか二人きりが存在しない沙耶がかわいそうになってきたんですが、それはそれで。Mですし。
posted by ys at 05:48| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。